2008年05月13日

適性検査R‐CAPと大学生

就職活動に取り組む時、「やりたい仕事」を明確にしておくことは大切なことや。
「やりたい仕事」を明確にしていくことはどエライややこしいことでもあるんや。
その方法は様々な仕事について情報を集めること、ようけの企業や社会人に会って話を聞いてみること、ほんでオノレの過去や性格やらなんやらを見つめ直す自己分析を行うことやらなんやらによって「やりたい仕事」を絞り込んでいきまんねん。

また、客観的な視点からオノレを分析し、オノレの資質に合った職業を知ることも大切や。
これを行うものが適性検査、適職検査と呼ばれるもので、受検者の潜在的な資質や職業の適性を測るものとして広く活用されていまんねんわ。

適性検査は信頼性の高いものを受けることに意味があり、信頼性の高い適性検査の一つにR‐CAPがあるんや。
R‐CAPは総合適職発見プログラムの略称で、高校生から社会人向けに開発され、それぞれ種類が分かれていまんねんわ。
高い信頼性が科学的に実証されており、多角的、多面的に受検者の興味、価値観、志向を測ることができまんねん。

大学生向きに開発されたR‐CAPは社会人2万人のデータをもとに、様々な職業と受検者の資質との適合度を測定するもので、自己認識を深め、適した職業を広く考える手がかりとなるんや。

また、R‐CAPにはR−CAPストレングスちう種類があり、オノレの「強み」を科学的に分析し、その「強み」を就職活動の中で企業にアピールするためのトレーニングを行うものや。

R‐CAPは大学生が就職活動の中でオノレの適性や適職を考え、オノレの魅力を企業へ伝える手助けをする検査といえまんねん。
posted by 管理人 at 17:33 | TrackBack(0) | 適性検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。