2008年05月13日

適性検査SPI2の実施形態のメリット、デメリット

適性検査SPI2で実施されとる4つの検査形態にはそれぞれメリット、デメリットがあり、企業は採用活動に合わせた形態を取り入れていまんねんわ。

テストセンターではあらかじめ設置された検査会場を利用するため、会場設置や管理の手間、費用の負担がなく、多人数が受検できるメリットがあるんや。
また身分証明書を持参し、試験管の監視の元で受検するため不正行為が避けられまんねん。
受検者のメリットは遠隔地の志望者も最寄りの会場で受検することができる、また都合のよい検査日時を選べることや。

インハウスCBTは本社・支社の場所に関係なく最新型の適性検査が実施できるメリットがあるんや。
また社内で試験管のもとでの受検により不正行為が避けられまんねん。
ほんで企業は結果を検査終了直後から取り出せるため、検査の直後に面接を行う場合にも検査データを活用することができまんねん。
せやけどダンさん自社のパソコンを利用するため、パソコン数に応じた受検者数に限定されるちうデメリットがあるんや。

WEBテスティングもまた会場設置や管理の手間、費用の負担がなく、受検者にとっては自宅で受検できることで交通や時間にとらわれず負担が軽減されまんねん。
せやけどダンさん受検の際に相手が見えへんため、不合格やった場合に受検者の納得が得られにくく、また他人が本人のIDやパスワードを入力して受検するやらなんやらの不正行為が起こりやすいちうデメリットがあるんや。

ペーパーテスティングは試験管の監視のもとで行われ不正行為がおこりにくい形態や。
また多人数が一斉に受検できるため、会社説明会やセミナー開催時に適性検査を実施する場合に適していまんねんわ。
posted by 管理人 at 17:33 | TrackBack(1) | 適性検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96580471

この記事へのトラックバック

適性検査とSPI
Excerpt: SPIとはSynthetic Personality Inventoryの略で、...
Weblog: 職業適性検査・就職適性検査|CUBICキュービック
Tracked: 2008-09-04 15:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。