2008年05月13日

適性検査と対策

適性検査はどなたはんしも日頃受検する機会が少ないものや。
事前に対策をたてて臨むことによって、適性能力を正確に発揮し、相手にオノレ真価を正しく伝えることができまんねん。

対策としてはまず「慣れる」ことや。
志望する企業が実施する適性検査の情報を得たら、対策本や問題集でできるだけようけの問題を解き、出題傾向や回答の仕方、出題パターンをつかみまんねん。
慣れることで当日の緊張がほぐれ、本来の能力を発揮できるものや。

SPIの能力適性検査は問題数がようけ、また一番得点差のできる部分でもあるんや。
事前に十分に練習し慣れることでスピードがあがり、正確に解けるようになるんや。

性格適性検査では直感で正直に答えるちう心構えが大切や。
採用者への印象を考えて偽った回答をすることは検査の趣旨に沿いまへん。
また心理学に基づいて性格を分類しとるため、偽りの回答が他の回答との矛盾を起こすことにもなるんや。
性格適性は合格不合格を判定するものではなく、企業や職種の求める資質に合うかどうかちう検査であることを認識しまひょ。

WEBテストはテストの種類により形式や問題が異なり、また新しい種類のテストも続々と開発されとるので、対策本やらなんやらで最新の情報を入手するようにしまひょ。
WEBテストはようけの問題のストックから出題されるため、できるだけようけの問題を解くことが得点につながるんや。

適性検査の対策本がようけ出ておるけどダンはん、情報が最新のものであるか注意深く選びまひょ。
posted by 管理人 at 17:33 | TrackBack(0) | 適性検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96580483

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。