2008年05月13日

適性検査とWEBテスト

かつて職業適性検査といえば試験会場における筆記形式のものばかりやったが、インターネットの普及によりWEBテストと呼ばれるネット上で受検させる適性検査が開発され、それまでの検査の活用方法や選考の流れに大きな変化をもたらしとる。
現在、定期採用をしとる企業の6割以上が既にこのWEBテストを導入しとると言われとる。

企業にとって新卒採用は特に、人手や時間、予算やらなんやらの制約が多いものである。
例えば検査や試験の際の試験管、社外に選考会場を設ける場合にはその施設利用料も発生する。
WEBテストを導入することにより試験管も選考会場も必要が無く企業にとっては効率がよい。

せやけどダンさんWEBテストは相手が見えへんため、本人がWEBテストを受検しておるか確認することがでけへんちう問題点もある。
また、受検者がWEBテストで不合格になりよった場合に、受検者の納得感が得られへんちう点も指摘されとる。

WEBテストは自宅で受検できるため受検者にも効率がよく油断されがちであるが、企業はWEBテストで応募者を絞込む場合がようけ、またWEBテストの通過者が2割程度ちう難関になる場合もある。
事前に十分な準備をしてWEBテストを受けることが望ましい。

WEBテストにもさまざまな種類があり、玉手箱、TG-WEB、WEB-CAB、リクルーティングウィザード、WEB-IMR、SPI2のテストセンター、WEBテスティングサービスやらなんやらがようけの企業で実施されとる。
posted by 管理人 at 17:33 | TrackBack(0) | 適性検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。